Skip to content. | Skip to navigation

Personal tools

Navigation

You are here: Home / 情報教育棟 / 端末・プリンタ / Mac OS X へのカード利用プリンタ・ドライバインストール方法

Mac OS X へのカード利用プリンタ・ドライバインストール方法

last modified Apr 06, 2017 09:12 AM
持込のMac OS Xによるの情報教育棟カード利用プリンタ用ドライバのインストール と印刷方法

以下の手順によりドライバのインストール、設定を行うことで、Mac OS (OSX 10.5 ~ 10.10) から情報教育棟カード利用プリンタへの印刷が行えます。

ただし、ドライバが継続的に提供されるとは限りませんので、ご注意ください。

ドライバのダウンロードとインストール

  1. ドライバを以下のサイトからダウンロードします。 (2017-04 現在)
  2. ダウンロードしたdmgファイルをクリックするとInstallerが現れます。carddriver-mac-fig1.jpg
  3. Fuji Xerox Print Driver for Mac OS X Installer.pkg をクリックしてインストールを行います。(要管理ユーザパスワード)

プリンタの設定

  1. CEB_printer_setup.dmg をダウンロードします。(Mac OS10.12 Sierra の方はこちら)
  2. CEB_printer_setup.dmg のアイコンを選択すると、CEB_printer_setupというフォルダができます。その中に情報教育棟の各プリンタの自動設定アプリケーションがあります。CEB_xxxxxx はそれぞれ以下のプリンタに対応します。carddriver-mac-fig2.jpg
    • CEB_COLOR:1階 生協コピーカード利用プリンタ(カラー対応)
    • CEB_MONO:1階 生協コピーカード利用プリンタ(モノクロ)
    • CEB_MONO2:2階 生協コピーカード利用プリンタ(モノクロ)
    • CEB_K1:1階 大学コピーカード利用プリンタ(カラー対応)
    • CEB_K2:2階 大学コピーカード利用プリンタ(カラー対応)
  3. 例えば、1階生協コピーカード利用プリンタ(カラー対応)を使用したい場合には、CEB_COLOR_setup のアイコンをクリックすることで、自動的にプリンタの設定ができます(要管理ユーザパスワード)。「開発元が未確認のため開けません。」というメッセージが表示される場合には、「未確認の開発元のアプリケーションを実行する」を参照して下さい。
  4.  [システム環境設定] > [プリンタとスキャナ]を開きます。carddriver-mac-fig3.jpgCEB_COLORというプリンタが追加されていることを確認し、選択してください。carddriver-mac-fig4.jpg
  5. [オプションとサプライ] を開きます。carddriver-mac-fig5.jpg
  6. 暗証番号の最小桁数を4にして、[OK]を押します。

印刷

  1. [プリント]ダイアログにて、設定したプリンタを選択します。carddriver-mac-fig6.jpg
  2. [詳細を表示] を選択します。Microsoft Officeなどのアプリケーションでは、ダイアログに[詳細を表示]ボタンが現れない場合があります。その際は「印刷ダイアログで詳細表示ボタンが現れない場合」を参照して下さい。
  3. 図のようなウインドウが現れます。carddriver-mac-fig7.jpg
  4. ウインドウ右中ほどの、[レイアウト]のメニューを[認証情報]に切り替えます。
  5. 使用する認証情報を[蓄積用ユーザーID]に設定します。
  6. [認証情報の設定]をクリックします。
  7. 図のようなウィンドウが現れます。carddriver-mac-fig8.jpg
  8. 蓄積用ユーザーIDに自分だとわかる文字列を入力します。
  9. 暗証番号に4桁以上の数字を入力します。
  10. [OK]を押します。
  11. [プリント]を押してプリント実行します。


以後のプリンタから出力させる手順は、教育棟のプリンタ使用方法のマニュアルを参照してください。
蓄積用ユーザID、暗証番号の設定は保存されるので、同じプリンタを使う場合には2回目以降は2~9の手順はスキップできます。

未確認の開発元のアプリケーションを実行する

carddriver-mac-app1.jpg

CEB_xxxxx 実行時に上図のような警告が表示される場合には、以下の手順により実行させることができます。

  1. [システム環境設定]→[セキュリティとプライバシー]を開きます。
  2. 下図のダイアログが現れたら[一般]タブ右下の[このまま開く]を選択して下さい。あるいは、ダイアログ左下の[変更するには鍵をクリックします]を選択、管理者パスワードを入力後に「全てのアプリケーションを許可」のラジオボタンを選択して下さい。後者の設定を行った場合には、プリンタ設定後に「Mac App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」などに戻すことをお勧めします。carddriver-mac-app2.jpg
  3. 図のように表示されたら[開く]ボタンを選んで下さい。carddriver-mac-app3.jpg

 

印刷ダイアログで詳細表示ボタンが現れない場合

Microsoft Officeなどのアプリケーションから印刷する際に、ダイアログ中に[詳細を表示]ボタンが現れないことがあります。その際は、プリントダイアログのメニューから[認証情報]メニューを探してみて下さい。同メニューを選択後、「印刷」手順の「5. 使用する認証情報を[蓄積用ユーザーID]に設定します。」以降の設定を行って下さい。

以下は、Microsoft Officeの例です。

  1. ファイル→プリントを選択すると、下図のようなダイアログが現れます。carddriver-mac-office1.jpg
  2. プリンタのメニューから、[プリント]の際に、設定したプリンタを選択します。
  3. プリンタメニューの2つ下のメニュー(デフォルトでは印刷部数と印刷ページとなっている)から、[認証情報]を選びます。

この後は、「印刷」手順の「5. 使用する認証情報を[蓄積用ユーザーID]に設定します。」以降の設定を行って下さい。